インプラント治療を受ける方へのアドバイス

MENU

インプラント治療を受けるにあたって

初めてのインプラント治療であれば、医師の診断や事前のカウンセリング・説明で専門的な用語も出るので、ただ聞いただけでは十分に理解できないことも多いでしょう。

 

そこで、カウンセリング時にはメモを持っていって、気になることや重要なことは書き留めておくようにし、質問したいことや聞きたいこともメモし、1つ1つ質問していきましょう。

 

カウンセリングの際に、覚えておくべきポイントが幾つかありますのでご紹介します。

 

まず、自分と似たような症例写真を見せてもらいましょう。
自分と同じようなケースをその医師が経験して治療していれば安心ですよね。仕上がった時のイメージもしやすいですし、専門用語で説明されるよりも写真のほうが断然理解しやすいというメリットがありますよ。

 

また、カウンセリングをしてくれた医師が、手術も担当してくれるのかという点も重要になります。
歯科医院によって異なりますがは、インプラント埋め込み担当と、被せもの処置担当といった風に別の医師が担当することもあります。
すると、トラブル発生時の責任の所在が曖昧にることもあり、そうなるととても面倒ですし不快ですよね。そのような理由から、一人の医師が一貫して担当・施術・処置をしてくれる歯科医院の方がオススメだと言えます。

 

近年のようにインプラントがあまり知られていなく技術も進んでいない時期は、顎骨の状態などが理由になってによってインプラント治療ができないと診断されるケースも少なくありませんでした。
けれども、その頃と比較しても格段に技術が進歩した現在は、インプラント治療が不可能だと診断されるケースは極稀なのだそうです。

 

口腔内を健全にしておくことは、ずっと健康でいられる秘訣の1つです。
インプラント施術後に後悔しないよう、歯科医院を安易に選ぶようなことはせず、十分に納得のいくまで比較し検討するようにしましょうね。

インプラント治療への不安

インプラント治療では手術が必須なので、初めてインプラント治療をする方は何かと不安がありますよね。
手術と言えば長時間かかる・・・というイメージもあり、身体にかなりの負担なのではないかと心配にもなるでしょう。

 

インプラント治療における手術は、患者さんのの口腔内・身体の健康状態にもよりますが、早くて10分程度で終わってしまうこともあります。
あまりの早さに驚く方もいらっしゃるでしょうね。
もちろん治療が必要な歯の本数や歯科医院ごとに異なるであろう治療方法によって多少の違いはありますが、それでもおよそ10分~1時間程で終了するというケースが多いようですよ。

 

一般的に、長時間かかる手術は身体への負担も大きくなるため、あまり良くはないですよね。
特に年配の方であれば、体力的な問題もあり長時間の手術で身体に負荷やダメージを与えてしまうと、術後に体調不良を起こしてしまうなどの悪影響も懸念されます。
そのため、各歯科医院ではCTスキャンで立体的な口内のレントゲンを撮影して診断するなどして、なるべく手術が短時間になるような工夫をしているんです。

 

インプラント治療の手術中または術後の痛みを心配しておられる方も少なくないと思います。
手術中は当然麻酔をしますので痛みは感じません。
麻酔の効きが悪い時には麻酔を足してくれますので、痛いと伝えれば心配無用ですよ。

 

手術後の麻酔が切れた時の痛みに対してもお薬が貰えますよ。
鎮静剤などが処方されますから、ずっと痛みを我慢しなければならないということはありません。