インプラントが抜け落ちる原因

MENU

インプラントが抜け落ちる原因

インプラント治療自体はは成功率が高いと言われている歯科治療ではありますが、それでも100%絶対に成功するとは断言できないものです。
なので、何らかの原因でせっかく埋め込んだインプラントが抜けてしまう可能性も、少なからずあるのです。
インプラントが抜ける最悪の事態の原因は、歯科医院側にある場合、そして患者側にある場合の2つがあります。

 

歯科医院側の問題としてあげられるのは、インプラント治療中に雑菌が入り込んで感染が起こってしまい、炎症を起こしてインプラントが抜け落ちてしまうことです。
これは治療した歯科医院側の衛生管理不足が原因である可能性があります。
もし、歯科医院側の衛生管理不足について心配な時には、治療中の感染予防法を事前に確認しておくと幾らか安心できるのではないでしょうか。

 

またその他の原因として、インプラントを埋め込む際の施術で顎骨に負担がかかってしまい炎症が起きて、インプラントが抜け落ちてしまう、というのもありますよ。
これは、器具の使用方法の誤りで起こるトラブルだと言えます。

 

患者側の問題として主な原因となるのは喫煙でしょう。
喫煙者は毛細血管が収縮し血行が悪くなりますので、血行が悪いことでインプラントと骨の結合が阻害され、インプラント術後の経過が悪くなり抜け落ちてしまうのです。
禁煙で症状が改善することもありますから、禁煙する努力をして、禁煙方法についても念のため相談してみてはいかがでしょうか。
歯科医院によりますが、禁煙補助剤を処方してくれるところもありますので、禁煙補助剤をもらったら大いに活用しましょう。

 

治療後の定期検診や重要なメンテナンスを怠ってしまうと、噛み合わせが悪化したり、インプラント周囲炎を発症してインプラントが抜け落ちてしまうことも起こり得ます。
もし仕事や出張などで定期健診やメンテナンスに行けない事情があれば、必ず担当の歯科医師に相談して対策を立てましょう。