インプラントがぐらついてきたら

MENU

インプラントがぐらついてきたら

インプラントの治療は、手術終了で治療終了というわけではないんです。
術後のメンテナンスが重要で、メンテナンスをサボってしまうとせっかく高いお金を払って入れたインプラントが短命になってしまいます。
定期的に歯科医院を訪れてメンテナンスを受け、問題や異常がないかどうかを調べてもらいましょう。

 

治療後にインプラント周囲炎になってしまったり、危惧の不具合やネジのゆるみがあったり、破損によってインプラントがグラついてしまう場合があります。
インプラントのグラつきは自然には治りありません。自分でどうにもできませんよ。
グラついていると感じた時には必ず治療を受けた歯科医院に連絡し、診てもらって適切な処置をしてもらいましょう。

 

インプラントがグラついた状態のまま放置していると、周りの健康な歯に悪影響を与えますよ。
予約の関係で受診まで時間がかかる時には、で毎日口の中を清潔にキープしておきましょう。
丁寧にブラッシングしうがいをこまめにして、グラつきを悪化させる硬い食べ物は避けるようにしましょう。

 

グラついている部分にさらに負担をかけてしまうと、グラつきが酷くなったり、グラつきだけでなく痛みや腫れが起こることもあります。
グラつきが気になるからといって、自己流で人工歯のグラついている部分を瞬間接着剤で固定するといったことは、決してしないでください。
自己流な対処のせいで噛み合わせが悪くなってしまったり、インプラント治療した箇所だけでなく周りの健康な歯にまで悪影響が出ことも考えられますので要注意です。

 

また、自己流で接着剤を使ってしまうと、一緒に虫歯菌や歯周病菌などの細菌を閉じ込めてしまう可能性がありますよ。
細菌を閉じ込めてしまうのは恐ろしいことで、口臭の原因となったり、インプラント周囲炎の原因となる可能性もあるんです。恐ろしいですよね。