インプラント治療後に痛みを感じたら

MENU

インプラント治療後に痛みを感じたら

インプラントの治療終了後、治療した歯の周辺が痛むこともあります。
この痛みには様々な原因が考えられます。痛みの原因に応じて対処法も異なります。

 

インプラントは幾つもの組織に近い部分に関わる治療なので、稀に治療した部分の周辺に痛みが出る場合があります。

 

手術直後から患部周辺に痛みがある場合には、術後の腫れで周囲の組織が圧迫されていたり、周辺の組織が損傷している場合もあります。また手術の過程で骨が火傷してしまっていることありえます。

 

一方で、手術後しばらくして痛みが出た場合には別な原因も考えられます。
インプラント周囲炎にかかっている、インプラントのパーツが緩んでしまっている、周囲の歯が炎症してしまっている、噛み合わせが変化しているなど、様々な原因があげられます。

 

痛みが出た原因というのは、素人である自分では正しい判断はできません。
放置しておくのはとても危険です。痛みが悪化し他の健康な部分にまで悪影響を及ぼしてしまうこともあります。
手術の直後の痛みであれば、時間が経過して痛みがひくこともあります。
けれども、何らかの処置や対処が必要となる場合もありますから、痛みや異常を感じた時には担当の歯科医師に早急に相談しましょう。

 

治療後しばらくしてからの痛みは、何らかのトラブルが原因の可能性が高いですよ。
しばらくしてからの痛みはすぐ担当医に相談して診てもらい、早急に適切な処置を施してもらいましょう。

 

歯科医院に痛みや異常について相談に行く時には、痛みだした時期、きっかけとなりそうな事、服用した薬などの情報を明確にしてきちんと伝えましょう。
また、日常生活での注意点も聞いておきましょう。