インプラント周囲炎とは

MENU

インプラント周囲炎とは

歯周病は口腔内の病気の1つですが、インプラント治療後に稀に歯周病の症状と似たような炎症が見られる場合もあります。
これは「インプラント周囲粘膜炎」や「インプラント周囲炎」と呼ばれているものです。

 

インプラント周囲粘膜炎とは、治療した部分とその周囲の粘膜に起こる炎症のことで、インプラント周囲粘膜炎が進行すると炎症が顎の骨まで達したインプラント周囲炎になります。

 

インプラント周囲炎の主な原因は、日ごろの口内ケアの怠りや定期的なメンテナンスを放置したことで、歯周病原細菌が口内に増殖したことがあげられます。
また糖尿病や喫煙などが原因となってでインプラント周囲炎になってしまうこともありますよ。

 

インプラント周囲炎の症状としては、痛みや歯ぐきの腫れや出血が見られ、最悪の場合にはインプラントが脱落してしまうこともあります。
自然完治は望めません。完治するまでしっかりと治療治療しなければなりません。
仮に治療せず放置したままにしていると、さらなる問題も発生してしまいます。

 

インプラント周囲炎が発生イコール歯周病原細菌が増殖している、ということです。歯周病原細菌が増殖して健康だった他の箇所でも炎症が起こりやすくなってしまいます。
また、歯周病によってインプラントがグラついてしまうとその他の歯の噛み合わせも悪くなってしまうため、周囲の健康なハズの歯への負担やダメージも大きくなりますよ。

 

さらに、歯周病原細菌が炎症だけでなく歯茎の血管に侵入して血液中に入りこみ、唾液や血液から身体の中に入りこんでしまうと、様々な病気の発症を引き起こしたり悪化させたりします。