インプラントの歯科医を選ぶポイント

MENU

インプラントの歯科医を選ぶポイント

近年、インプラント治療もメジャーになってきたので、多くの歯科医院が看板でインプラント治療を宣伝していますね。インプラントOKの歯科医院の看板が増えましたね。
けれども看板を見ただけでは、その歯科医院のインプラント治療への力の入れ具合は分かりませんね。

 

インプラントの難易度というのは、治療する部位ごとに違ってきます。
経験豊富な歯科医師なら、担当してきたインプラント治療の症例写真を見せてもらえるでしょうし、部位別に保存してあるであろう自分と同じような症例写真も見せてもらえるかもしれませんよ。
丁寧で良心的な歯科医なら頼まずとも見せてくれるでしょう。実際の症例写真を見てみた方が、仕上がりなどのイメージもしやすくなりますね。

 

写真を見せてもらう際の注意点は、自分を担当する歯科医が担当した症例であるかが重要です。
別の歯科医が担当した症例写真では、自分の担当歯科医の経験値にはなりませんよね。

 

インプラントの埋め込み作業は、切開を必要とする手術です。
なので衛生面から考えると、手術専用の個室がある歯科医院である方が安心ですよね。

 

また、歯科医院の中では非常勤の医師が治療をする場合もあります。
非常勤でも医師は医師なのですが、例えば手術を受けた翌日に痛みや異常などのトラブルが発生したり、不安があった場合に歯科医院に連絡をしても手術をした担当医がいないとということもあり、一気に不安になりますよね。

 

インプラント治療は、だいたい10回程の通院で終了すると思います。
回数は何十回にもなるということはないので、多少通院に時間がかかるとしても経験豊富でいつでも連絡をして適切な処置をしてくれる医師がいる病院を選ぶのも大事だと思います。